神戸の片田舎で職人やってます、お茶漬けな人生を送っております   


台風の去ったので

鑿の柄を作りたいと思います

沢山ストックがあるグミの中から

まず、良さそうな3本をチョイス

口金や桂の大きさなどを良く見ながら

木を照らし合わせます



これに決まり

直感です



鉄鋼キリのドリルと繰小刀を使って

丁寧に手間をかけて中子を入れていきます

固すぎず、甘すぎず

絶妙な固さで入れていきます

女の子を扱うが如く、丁寧に様子を見ながら

少しずつ入れていきます

入りきって、胴が付いたら

鉛筆でひかり付けておきます



口金の長さを毛引きにうつして



毛引きで柄に切り込みを入れます

手鋸で丁寧に首切りして

鑿で斫り飛ばします



口金が3分の2入ればOK

均等に入ってるか、しっかり確認しておきます



固い木や節に口金を当てて

尻を叩き入れます



ぴっちりはいりました

中子を入れた時に

ひかり付けた鉛筆の跡を残しています

つまり口金の厚み分

狭まっていると言う事ですね

これが大事です

口金以上の厚みにすると

中子を入れた時に口金が破断します



中子をのぞませます

なかなかきつくて入りませんが

柄尻を叩きながら

しっかりと入れていきます

刃と柄が一体化しました



中子と口金、口金と柄

全ての胴付がきつく固く、合致しました

後の作業は自分の手にあった柄の太さに削ったり

仕事の状態に合わせた使い勝手の良い柄に削って完成です





にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  blogram投票ボタン


拍手[19回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31









http://www.pecope.com



最新CM
[10/24 がふう]
[10/09 がふう]
[09/07 がふう]
[05/06 akitsune]
[03/15 TAKESHI]
[03/06 junko mori]
[07/17 茶筅頭]
[11/21 三介]
[11/16 藤井]
[11/13 三介]
[11/09 てるてる坊主]
[10/26 三介]
[10/24 shigezo]
[09/24 junko mori]
[09/14 三介]
[09/10 junko mori]
[09/03 三介]
[09/02 junko mori]
[08/27 三介]
[08/24 junko]
[08/24 junko mori]
[05/11 三介]
[05/11 Uー作]
[03/15 清姫(ハンドルネーム)]
[03/14 三介]
最新TB
プロフィール
HN:
みちお
HP:
性別:
男性
職業:
大工職人
趣味:
テニス 茶の湯
自己紹介:
大工職人 吉岡道雄

お家の相談ならお任せ下さい

吉岡建築
所在地:〒651-2404 
神戸市西区岩岡町古郷1240-1
Tell 078-967-0827
E-MAIL bontenmaru1101@leto.eonet.ne.jp
WEB SITE
http://www.daiku-yoshioka.com/
ブログ内検索
お気に入りブログとHP



釘打ちライフ


新・稀日記


Stand Alone Complex

息継庵

お山の里で暮らす日々


Template "simple02" by Emile*Emilie