神戸の片田舎で職人やってます、お茶漬けな人生を送っております   


柱の仕上げも終わったので

少しずつペースを落としていきたいと思います

今日は垂木の軒の部分の仕上げです

雨模様ですが朝一は鉋の研ぎです

長弘の小さい鉋で遊んでみたいと思います



一日で六十本の垂木を遊びながら仕上げたいと思います



研ぎ澄まされた鉋で削ると木目に光沢が生まれ

尚且つ鉋屑も光っています



一服が済んだ後は神戸新聞の記者さんによる現場取材です

オール手刻みに対して共感して下さった方より

神戸新聞への情報提供が有り今回の取材に至ったわけです

まずは今回の様な稀な家作りをするきっかけを説明



図面を見ながら大工仕事の進め方を説明と同時に

木造在来工法が生み出す自然環境の配慮の良さや

日本の木を使う事への社会貢献を語りました



大工道具の種類も説明しました

今現在の若い大工職人には無用とされる道具達ですが

原発の問題をかかえる今や未来の日本を考えるなら

手道具の習得は重要な事だと感じています



記事の記載日は後日報告と言う事で

取材後はひたすら垂木の仕上げです

明日は垂木の末の勾配切りです





にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  blogram投票ボタン


拍手[19回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
取材行けませんでした。^^
こういうところから世間に発信できれば、在来工法の長所を知ってもらえると思います。
大手住宅メーカーみたいに、広告に何千万円も使わなくても、わかる人には解かってもらえるように思いますよ。
記事、楽しみにしていますね。ww
Posted by てるてる 2012.03.24 Sat 07:50 編集
ありがとうございます
経済中心の国より人心の国に生まれ変わる転換期だと思ってます。
記事の登載日が分かれば報告しますね。
Posted by 三介 2012.03.25 Sun 23:24 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 4 6 7 8
9 10 11 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30









http://www.pecope.com



最新CM
[10/24 がふう]
[10/09 がふう]
[09/07 がふう]
[05/06 akitsune]
[03/15 TAKESHI]
[03/06 junko mori]
[07/17 茶筅頭]
[11/21 三介]
[11/16 藤井]
[11/13 三介]
[11/09 てるてる坊主]
[10/26 三介]
[10/24 shigezo]
[09/24 junko mori]
[09/14 三介]
[09/10 junko mori]
[09/03 三介]
[09/02 junko mori]
[08/27 三介]
[08/24 junko]
[08/24 junko mori]
[05/11 三介]
[05/11 Uー作]
[03/15 清姫(ハンドルネーム)]
[03/14 三介]
最新TB
プロフィール
HN:
みちお
HP:
性別:
男性
職業:
大工職人
趣味:
テニス 茶の湯
自己紹介:
大工職人 吉岡道雄

お家の相談ならお任せ下さい

吉岡建築
所在地:〒651-2404 
神戸市西区岩岡町古郷1240-1
Tell 078-967-0827
E-MAIL bontenmaru1101@leto.eonet.ne.jp
WEB SITE
http://www.daiku-yoshioka.com/
ブログ内検索
お気に入りブログとHP



釘打ちライフ


新・稀日記


Stand Alone Complex

息継庵

お山の里で暮らす日々


Template "simple02" by Emile*Emilie