神戸の片田舎で職人やってます、お茶漬けな人生を送っております   


煤竹の端材が余っていたので

どうにか使えないものかと試行錯誤の結果



寝室と茶室との間仕切りの上の欄間の代わりにしてみる事にしました



端材なんでこれだけの数しかありません

高さと巾を予め決めて段取り、失敗は許されません



鴨居に溝を掘って取り付け

節の出っ張りだけ透かしています



梁を避けて両方取り付けて施工完了

この壁も土による塗り回しで仕上げる予定です



寝室からの眺め、透かしが涼しげです

こっちの壁も塗り回しです





にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  blogram投票ボタン


拍手[32回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
テーマと関係なくてすみません
お久しぶりです。以前お茶会でお世話になりました櫻木でございます。先生とはその後何度もお出会いしてお土産なども頂き大変恐縮致しております.....
ブログテーマとは違うことなのでここに書いてよいものか...ただこれ以外にご連絡の方法が解らなかったので失礼させて頂きます。知り合いから建築系の巡回展情報をお聞きしたのでお知らせを、と思いまして。

数寄屋大工ー美を創造する匠ー
http://www.dougukan.jp/sukiya/index.html

竹中大工道具館の巡回展「数寄屋大工」に伴って、講演会等が催されます。
申込、詳細 http://dougukan.jp/
 (申込はハガキも可)
■神戸(京都)
10/21 講演会(司会中村昌生先生)ラッセホール 無料、申込不要 先着250名
10/27 見学会(四君子苑)2,000円 申込要30名
11/3 技と心セミナー 茶室に学ぶ(日向先生)ひょうご共済会館 無料、申込要
その他、実演(大工、左官)、鉋削り体験なども
巡回展は、
神戸(10/6~11/18)竹中大工道具館 300円
東京、名古屋でも同様に行われるそうです。

うちの寺の茶室は、いつでも見て頂けるのでいらして下さい、と母が申しておりました。先生と母は昵懇のようなので、先にお電話頂いて先生のお弟子様と仰って頂ければわかると思います。

取り急ぎ。
Posted by さくらぎ 2012.07.20 Fri 17:11 編集
こんばんは
御無沙汰しております、貴重な情報有難うございます。実は今日、竹中大工道具館に行って来まして11月3日の方も予約してきました。お茶室の件、有難うございます、姉弟子や茶友と共に伺いたいと思います。その時はよろしくお願いします。
Posted by 三介 2012.07.21 Sat 22:09 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30









http://www.pecope.com



最新CM
[10/24 がふう]
[10/09 がふう]
[09/07 がふう]
[05/06 akitsune]
[03/15 TAKESHI]
[03/06 junko mori]
[07/17 茶筅頭]
[11/21 三介]
[11/16 藤井]
[11/13 三介]
[11/09 てるてる坊主]
[10/26 三介]
[10/24 shigezo]
[09/24 junko mori]
[09/14 三介]
[09/10 junko mori]
[09/03 三介]
[09/02 junko mori]
[08/27 三介]
[08/24 junko]
[08/24 junko mori]
[05/11 三介]
[05/11 Uー作]
[03/15 清姫(ハンドルネーム)]
[03/14 三介]
最新TB
プロフィール
HN:
みちお
HP:
性別:
男性
職業:
大工職人
趣味:
テニス 茶の湯
自己紹介:
大工職人 吉岡道雄

お家の相談ならお任せ下さい

吉岡建築
所在地:〒651-2404 
神戸市西区岩岡町古郷1240-1
Tell 078-967-0827
E-MAIL bontenmaru1101@leto.eonet.ne.jp
WEB SITE
http://www.daiku-yoshioka.com/
ブログ内検索
お気に入りブログとHP



釘打ちライフ


新・稀日記


Stand Alone Complex

息継庵

お山の里で暮らす日々


Template "simple02" by Emile*Emilie